コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 都市環境工学専攻 都市環境工学ORT

都市環境工学ORT

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG03 7P475 PB16
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 集中
教員
  • 大下 和徹(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 都市環境工学に関連する研究課題の実践や研究成果の学会発表などにより,高度の専門性と新規研究分野の開拓能力を涵養するとともに,研究者・技術者として必要とされる実践的能力を獲得する.具体的には,国内外で開催される学会や研究室ゼミでの研究発表,各種セミナー・シンポジウム・講習会への参加,国内外の企業・研究機関へのインターンシップ参加などを行う.
到達目標 都市環境工学に関する課題の全体像を理解する。
授業計画と内容 内容決定(1回)
各履修者が参加するセミナー、学会発表、インターンシップなどを選択する。

調査・研究(13回)
セミナー、学会発表、インターンシップなどを通じて、専門的知識・経験を得る。

レポート作成(1回)
セミナー、学会発表、インターンシップなどで得た経験を担当教員の指導の下、レポートにして提出する。
成績評価の方法・観点 活動実績を記載した記録を,専攻長及び指導教員が総合的に評価することで単位認定する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 担当教員の指示に従う。