コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 化学工学専攻 微粒子工学特論

微粒子工学特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG17 5H017 LJ76
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 松坂 修二(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 気相分散粒子の挙動と動力学的な解析を中心に,粒子系操作および計測法を講述する.また,気相分散粒子の挙動に大きな影響を及ぼす粒子の帯電現象を理論的に説明するとともに,帯電の制御ならびに応用技術を講述する.
到達目標 粒子の動力学的解析手法の考え方,モデルの構築法を習得するとともに,粒子系操作全般に応用する力を養う.
授業計画と内容 粒子の諸特性および各種測定法(3回):粒度分布の数学的統⼀記述法,機能性微粒子の活用にかかわる諸性質およびその測定法と解析法を解説する.

粒子の付着および力学的解析(3回):粒子の付着力の測定法および衝突,変形等力学的解析法を講述する.また,離散要素法も解説する.

気流中での粒子の挙動(3回):実プロセスにおいて重要な現象である気流搬送微粒子の沈着と再飛散を物理モデルと確率論を用いて時間的・空間的変動現象を講述する.さらに,粒子同士の衝突を伴う複雑な飛散現象についても論ずる.

粒子の帯電と制御(2回):粒子の帯電メカニズムの考え方および帯電過程の定量的解析法を説明するとともに,帯電量分布を考慮した解析法に発展させる.さらに,粒子の帯電の新しい制御法を紹介する.
成績評価の方法・観点 試験により評価を行う.
履修要件 粒子工学に関する学部レベルの基礎知識.
授業外学習(予習・復習)等 ( 予習・復習)等
教科書
  • 講義ノートを使用する.
参考書等
  • 微粒子工学, 奥山,増田,諸岡, (オーム社), ISBN: ISBN:4-274-12900-4