コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 化学工学専攻 研究インターンシップ(化工)

研究インターンシップ(化工)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG17 8E041 PB76
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 集中
教員
  • 山本 量一(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 専攻として企画・実施しているドイツ国でのインターンシップについて,滞在先および帰国後の報告会により成績を評定し,単位認定を行なう.なお,専攻で指定する他のインターンシップも含まれる。
到達目標 1.外国企業・外国文化の中での自己実践
2.世界的企業の研究活動に関する経験・知見の蓄積
3.語学(英語)力の向上と異なる背景を持つ人とのコミニュケーション力の向上
これらの達成度は、英語で実施する研修報告会を通して、評価・判断する。
授業計画と内容 国際インターンシップ(27回)成績優秀な日本人学生をドルトムント工科大学を管理拠点として、EU企業に派遣し、2か月間のインターンシップ研修を受けさせ、日本とは異なる国での企業倫理、ものづくりの在り方ならびにヨーロッパ文化を学ばせる。
成果報告(2回)日本ならびにドイツにおいてそれぞれ1回ずつ、あわせて2回の研修報告会を英語で実施する。
国際交流会(2回)日独双方の学生がインターンシップで経験し学んだことを互いに発表し合い、意見交換を行うセミナーを開催し、専門分野のみならず、それぞれの国の文化についての体得させる。
成績評価の方法・観点 成果報告(英語による口頭発表および質疑)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 渡航の準備は各自で行う。