コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 合成・生物学専攻 先端生物化学続論

先端生物化学続論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG16 5P836 LJ29
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 跡見 晴幸(工学研究科 教授)
  • 森 泰生(工学研究科 教授)
  • 浜地 格(工学研究科 教授)
  • 原 雄二(工学研究科 准教授)
  • 金井 保(工学研究科 講師)
  • 田村 朋則(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 生命科学の基本概念を概説し、それらの基盤となる物質的な原理を、基礎的な生物化学反応から高次の個体レベルの生理応答まで、最新知見に基づいて講義する。また、生物学の工・医・薬・農にわたる応用的な側面に関しても解説する.
到達目標 生命科学の基本概念とそれらの基盤となる物質的な原理を、基礎的な生物化学反応から高次の個体レベルの生理応答に亘る多階層において理解する.また、生物学の工・医・薬・農にわたる応用的な側面に関しても習熟する.
授業計画と内容 ペプチド/蛋白質の化学合成、改変蛋白質の生合成(3回)
ペプチド固相合成から蛋白質化学合成、非天然アミノ酸の組み込みについて解説する。

蛋白質ラベリング(3回)
蛋白質ラベル化技術などについて解説し、演習を行う。

分子イメージング(2回)
方法論の基礎と生物応用に関して解説する
成績評価の方法・観点 演習での発表(60点)と出欠(40点)で評価する
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する