コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 合成・生物学専攻 有機機能化学

有機機能化学

JA | EN

開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限
教員
  • 生越 友樹(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 機能性有機材料・分子集合体・超分子化学について概説する。また、最近の有機機能化学のトピックスについても解説する。
到達目標 機能性有機材料・分子集合体・超分子化学に関する基礎的内容から最新の研究内容を学ぶことで、有機機能化学への理解を深める.
授業計画と内容 分子間相互作用(2回)
機能性有機材料を設計するための分子間相互作用について概説する.

ホスト-ゲスト化学・分子集合体(5回)
分子間相互作用を基にしたホスト-ゲスト化学の基礎と分子集合体への展開について概説する.

機能性有機材料(2回)
ホスト-ゲスト化学、分子集合体を基にした機能性有機材料について最近のトピックスも合わせて概説する.

機能有機化学演習(2回)
論文解説や講演会に関する質疑応答など.
成績評価の方法・観点 出席点およびレポートの採点、発表により総合的に評価する.
履修要件 学部での有機化学、高分子化学の基礎知識があることが望ましいが、基礎からもう一度解説する.
授業外学習(予習・復習)等 講義資料による予習・復習を充分行うこと.
教科書
  • 授業で配布する資料を使用する.