コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 高分子工学専攻 先端機能高分子

先端機能高分子

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG15 6H662 LJ61
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 月3
教員
  • 松岡 秀樹(工学研究科 准教授)
  • LANDENBERGER,Kira Beth(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 界面化学は,我々の生活に関わる材料,現象等に幅広くかつ深く関わる基礎学問である.高分子も例外ではなく,高分子ならではの界面化学的特性がある.両親媒性の高分子は,自己組織化により,ミセル,単分子膜,高分子ブラシなどを形成する.これら高分子の自己組織体もまた機能性高分子材料への応用が可能であり,低分子と異なる機能発現が期待できる.これら自己組織体の形成挙動,モルフォロジーとその制御法に関して講述する.
到達目標 両親媒性高分子,イオン性高分子,刺激応答性高分子について,その分子物性や界面物性,そしてそれらの自己組織体のナノ構造とその変化,制御法を学ぶことにより,先端的機能を有する高分子材料を考える力を養う.
授業計画と内容 高分子の表面・界面(1回)
高分子の表面や界面の性質を理解するための,界面化学の基礎と,高分子界面の特性を概説する.

イオン性高分子(1回)
イオン性高分子の特性と構造形成,動的性質について講述する.

高分子ミセル(2回)
両親媒性高分子が形成する高分子ミセルの形成機構,モルフォロジー制御および応用例について述べる.刺激応答性高分子が形成する自己組織体についても触れる.

高分子単分子膜(1回)
両親媒性高分子が形成する単分子膜,およびその中の高分子ブラシのナノ構造とその転移について講述する.

高分子微粒子(1回)
高分子微粒子(コロイド)の性質と粒子間相互作用,動的性質,コロイド結晶など構造形成挙動を紹介する.

温度応答性高分子(Thermoresponsive Polymers)(1回)
温度応答性高分子の理論,構造,特性,応用について講述する.
This class will discuss the theory behind thermoresponsive polymers as well as typical structures, the characteristics of these materials and potential applications.

光応答性高分子(Light Responsive Polymers)(1回)
光応答性高分子の構造,性質,用途を紹介する.
This class will introduce light responsive polymers, focusing on typical structures used, properties of these materials and applications.

超分子ポリマーネットワーク(Supramolecular Polymer Networks)(1回)
超分子ポリマーネットワーク形成と構造を紹介し,特殊応用(自己修復,形状記憶ポリマー等)を講述する.
This class will introduce supramolecular polymer networks, what they are, how to form them and what their structures are like, as well as discussing their special applications, such as self-healing and shape memory.

高分子表面の応用(Applications of Polymer Surfaces)(1回)
高分子構造の設計によりいろいろな応用が可能になり、最近の応用を紹介する。特に超疎水性と超親水性高分子を使用している表面・界面ついて講述する.
This class will introduce a wide variety of recent application to designed surfaces using polymers. In particular, surfaces that employ either suprahydrophobic or suprahydrophilic materials will be the main focus.

達成度評価(1回)
学修到達度の確認を行う.
成績評価の方法・観点 レポートにより評価する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する
参考書等
  • 講義中に指示する