コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 高分子工学専攻 高分子基礎物理化学特論

高分子基礎物理化学特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG44 6H656 LJ61
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 古賀 毅(工学研究科 教授)
  • 西田 幸次(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 平衡・非平衡統計力学的視点から,高分子系に特徴的な物性の分子論的機構を講義する.特に,高分子溶液及び混合系の相分離,ブロック共重合体のミクロ相分離,ゲル化,ゴム弾性,物理ゲルのレオロジーなどの分子論的機構の理解を目的とする.
到達目標 高分子系に特徴的な物性の分子論的機構を,平衡・非平衡統計力学的視点から理解することを目標とする.
授業計画と内容 ゴム弾性(3回)
ゴムの熱力学・統計力学,アフィンネットワーク理論,ゲルの膨潤,ゲルの体積相転移,高強度ゲル

会合性高分子のレオロジー(3回)
テレケリック会合性高分子,線形粘弾性,マックスウェルモデル,シア・シックニング,組み替え網目理論,構成方程式,分子動力学シミュレーション,シア・バンディング

高分子電解質溶液の構造と物性(2回)
ポリイオン間の静電相互作用, 遮蔽効果, 希薄溶液と準希薄溶液

高分子固体の振動モードと分光(2回)
連続媒質の振動, 高分子鎖の振動, 分光実験
成績評価の方法・観点 平常点,レポート,期末試験の結果を総合して判定する.
履修要件 京都大学工学部工業化学科「物理化学I,II(創成化学)」程度の物理化学の講義を履修していることを前提としている.
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する
教科書
  • 特になし
参考書等
  • Principles of Polymer Chemistry, P.J. Flory, (Cornell Univ. Press, New York, 1955),
  • 高分子の物理, G.R.ストローブル, (丸善出版,2012),
  • Polymer Physics, M. Rubinstein, R.H. Colby, (Oxford Univ. Press, New York, 2003),