コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 高分子工学専攻 高分子生成論特論

高分子生成論特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG44 6H651 LJ61
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 大内 誠(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 高分子の生成反応,とくにイオン・ラジカル重合,配位重合,開環重合による規制された重合の設計と開発の原理,触媒と反応設計などを述べる。また最新の論文を紹介しながら,新しい高分子の精密合成と機能についても解説する。
到達目標 高分子合成の歴史と基礎を学び,それをふまえて最新の合成技術を理解する。また,その合成技術が物性評価や材料展開にどう関係するかを理解する。さらに高分子先生に関する英語論文を読んで理解し,自分なりの考え,今後の展開を考察できる。
授業計画と内容 連鎖・付加重合(2回)
学部講義「高分子化学基礎I(創成化学)などで学んだ重合反応のうち,連鎖生長重合の基礎,とくに素反応と副反応の特徴を説明し,重合の精密制御の基礎知識を説明する.

リビング重合(2回)
リビング重合の定義,典型的な例,実験的検証法などを解説する.

アニオン重合(2回)
アニオン重合の特徴と炭素アニオン中間体の特性を述べ,種々のリビングアニオン重合の考え方,実例,およびこれによる高分子の精密合成などを解説する.

カチオン重合(2回)
カチオン重合の特徴と炭素カチオン中間体の特性を述べ,リビングカチオン重合の開発,考え方,実例,ルイス酸触媒の設計,およびこの重合による高分子の精密合成などを解説する.

ラジカル重合(3回)
ラジカル重合の特徴と炭素ラジカル中間体の特性を述べ,リビングラジカル重合の代表的な例とその考え方,触媒系の設計,およびこれらに重合による高分子の精密合成などを解説する.
成績評価の方法・観点 定期的にレポート課題を課す。
履修要件 京都大学工学部工業化学科「高分子化学基礎I(創成化学)」程度の高分子化学と高分子合成に関する入門的講義の履修を前提としている.
授業外学習(予習・復習)等 講義中に適宜指示する.
教科書
  • とくに使用しないが,適宜講義ノートまたは電子ファイルを授業で配布する.
参考書等
  • 基礎高分子科学, (東京化学同人),