コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 物質エネルギー化学専攻 物質変換化学

物質変換化学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG13 5H222 LJ60
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 中村 正治(化学研究所 教授)
  • 高谷 光(化学研究所 准教授)
授業の概要・目的 社会の物質基盤を支える有機化学の中でも、有機金属化合物を活用する物質変換の重要性は群を抜いている。本講義では、反応化学の観点から有機金属化合物を反応活性種としてとらえ、その構造、生成反応、有機合成反応への応用等の解説を通して、その重要性を紹介する。また有機金属および金属ナノ粒子化合物の機能性分子・材料としての応用についても紹介する。
到達目標 各種金属元素の特性を学びながら.これらの金属元素が携わる物質変換反応を有機合成化学や,分子材料化学の観点から分子レベルで理解できるようになる。
授業計画と内容 講義紹介と概論(1回)
コース概要説明とイントロダクション・アンケート(確認テスト)

有機典型金属化合物:合成と分子変換反応への応用(6回)
主に典型金属元素を含む有機化合物・有機金属化合物の合成と構造,ならびに分子変換反応への応用について解説する。

含遷移金属元素機能性分子:合成と機能,応用(4回)
第一から第三遷移元素を含む機能性有機金属分子の合成と機能,応用について解説する。
成績評価の方法・観点 講義中の小テストおよび試験
履修要件 学部有機化学の知識
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて連絡する。
教科書
  • ハンドアウト配付
参考書等
  • 有機金属反応剤ハンドブック 玉尾皓平 編著 化学同人 錯体化学会選書 「金属錯体の光化学 」佐々木陽一,石谷 治 編著 三共出版 他