コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 物質エネルギー化学専攻 物質エネルギー化学特論第三

物質エネルギー化学特論第三

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG13 7D230 LJ60
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 廣瀬 崇至(化学研究所 准教授)
授業の概要・目的 分子の電子状態や光と物質の相互作用の本質を学ぶことで,有機分子が示す特性を俯瞰的に理解できる.本特論では,構造有機化学および光化学の観点から,有機分子の光物性や超分子機能について解説する.
到達目標 ・分子構造とその物性について,量子化学や物理化学の観点から理解を深める.
・光と物質の相互作用を利用した分子機能について,最新の研究動向を学ぶ.
授業計画と内容 ガイダンス(1回)
講義の進め方,評価方法,レポート課題に関する説明.

講義(1)(1回)
構造有機化学1:分子構造と芳香族性

講義(2)(1回)
構造有機化学2:超分子組織化と分子機能

講義(3)(1回)
構造有機化学3:一分子計測と単一分子物性

講義(4)(1回)
光化学1:有機化合物の光励起状態

講義(5)(1回)
光化学2:外部刺激によるクロミズム応答挙動

講義(6)(1回)
光化学3:分子間相互作用と会合誘起発光(AIE)

講義(7)(1回)
光化学4:円偏光物性(CD, CPL)
成績評価の方法・観点 レポートにより行う(例:自身の研究の概要と意義、講義の感想など).
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 一般的な講義に準ずる.
教科書
  • 特に指定しない.
参考書等
  • 特になし.