コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 材料化学専攻 化学産業特論

化学産業特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG12 7P111 LJ61
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 0.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 松原 誠二郎(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 広く化学関連の産業界における化学の役割・あり方や製品開発に向けての戦略、知財との関連等について、企業経験豊富な学外非常勤講師が実務的内容に主眼を置いてトピックス的に講述する。
到達目標 様々な先端材料の高機能化、新しい機能付与の手法を中心に、基礎から応用まで材料化学分野の現状および将来の展望についての知識を得る。
授業計画と内容 トピックス講述(4回)
産業界における化学関連の実務的内容を講述する。
成績評価の方法・観点 授業時に課すレポート及び履修後に課すレポートにより評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する
参考書等
  • 特になし