コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学

有機材料化学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG12 5H004 LJ60
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月1
教員
  • 松原 誠二郎(工学研究科 教授)
  • 中尾 佳亮(工学研究科 教授)
  • 倉橋 拓也(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 有機化合物や有機合成に用いられる様々な反応剤について,構造と反応性,機能との関連を論じ,有機材料や医薬,天然物などの標的分子合成への利用法に関しても講述する.

到達目標 有機化合物や有機金属化合物の基本的性質を理解して,それに基づいて,有機材料や医薬,天然物の合成ルートを考えられる能力を身につける.
授業計画と内容 有機合成設計(1回)
有機化合物の合成方法の選択および逆合成について講述する.

合成計画(1回)
逆合成に基づく合成計画について講述する.

官能基の保護(1回)
種々の官能基の保護および脱保護について講述する.

官能基変換(3回)
様々な官能基の変換反応について講述する.

有機金属反応剤を用いる炭素-炭素結合形成反応(3回)
有機金属反応剤を用いるアルキンやアルケンの様な炭素ー炭素多重結合を形成する反応について講述する.

炭素環化合物の合成(2回)
小員環から大員環までの炭素環化合物の合成について講述する.
成績評価の方法・観点 毎講義小テストを行うとともに,期末試験の結果に基づいて判定する.
履修要件 京都大学工学部工業化学科「有機化学I~III(創成化学)」を履修していることを前提とする.
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する
教科書
  • 特になし
参考書等
  • 特になし