コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース インテークカンファレンス

インテークカンファレンス

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58839 SJ46
開講年度・開講期 2020・通年
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 岡野 憲一郎(教育学研究科 教授)
  • 高橋 靖恵(教育学研究科 教授)
  • 河合 俊雄(こころの未来研究センター 教授)
  • 田中 康裕(教育学研究科 准教授)
  • 松下 姫歌(教育学研究科 准教授)
  • 立木 康介(人文科学研究所 准教授)
  • 西 見奈子(教育学研究科 准教授)
  • 梅村 高太郎(教育学研究科 講師)
  • 野田 実希(教育学研究科 特定助教)
  • 山崎 基嗣(教育学研究科 特定助教)
授業の概要・目的 本研究科附属心理教育相談室において新規に受理した相談申込事例、および終了した事例についての検討をおこなう。修士課程院生スタッフには、臨床心理士資格取得のための訓練が目的となり、すでに資格取得した者にとっては各々の臨床実践感覚を養うことが目的となる。
到達目標 心理臨床実践活動におけるインテーク面接(受理面接)に関する検討は、大変重要かつ必須の事項となる。クライエントへの加重負担を避け、いかにして適切な見立てをしていくかについて、全員の討議により学びを深める。
授業計画と内容 毎回の授業において、新規の相談事例の受理面接(インテーク)の概要を、担当スタッフから報告を受け、その内容について、見立て、心理査定、対応などの諸点から検討を行う。
また、相談申込事例の終結、中断、リファーなどの場合、担当スタッフから随時報告を受け、その内容について確認する。全体として15回×2の授業を行い、そこにフィードバックを含める。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 出席を前提に、授業へのコミットメントをもとに総合評価する。
【評価方針】
 本演習担当教員合議により、授業目的と到達目標に関する評価の観点を設定し、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 ・教育学研究科以外の学生は履修不可・受講は、臨床心理学コースの学生に限る。

・相談申込を担当できるための心理臨床学の基本知識を有すること。

・公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が定める「臨床心理士倫理綱領」および「一般社団法人日本臨床心理士会倫理綱領」を遵守すること。
授業外学習(予習・復習)等 発表事例や討議をもとに各自の活動にフィードバックしていくことが課題となる。