コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 現場実践ケースカンファレンスI

現場実践ケースカンファレンスI

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58835 SJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 岡野 憲一郎(教育学研究科 教授)
  • 青木 紀久代(教育学研究科 客員准教授)
授業の概要・目的  学校現場に働く教師が遭遇する事例を精密かつ総合的に検討する。それらの事例のみならず、その背景にある家族や地域社会、さらに学級・学校という集団の力動にかかわる理解を深め、より深く広い理解に基づいた教育活動の探索ならびに実践を目指す。
到達目標 生徒や家族のこころの理解について学び、その理解に基づいたアプローチについて考察することにより、臨床現場でより的確に対応できるようになる。
授業計画と内容 第1週 オリエンテーション
第2~第15週 事例検討

毎回、事前に決定された事例提供者(現場教師・スクールカウンセラー)の発表素材に基づき、討議をおこなうが、適宜、講師による精神分析的視点からの講義をまじえる。
具体的には、いじめ・不登校・非行・発達上の問題をかかえる生徒、学級運営上の問題や保護者への対応における問題に関し、それらの理解と対応について検討する。

基本的な構造としては、グループ・ディスカッションならびにグループ・スーパービジョン形式を用い、授業参加者の実践経験を踏まえた発言を活用しながら、事例素材を多面的かつ精密に検討していく。

ここで取り上げる事例素材は、その生徒の抱えるこころの病理のみならず、その子たちを取り巻く家族や親族、地域社会の病理や健康要素を含んでいる。それに加えて、学級や教師組織の実相を含んだ学校の病理や健康要素も含んでいる。それらが有機的にかつダイナミックに生起している実態にも目を向け、細やかな理解と対応の方法を探索していく。
成績評価の方法・観点 出席を前提に、発表や討議の内容および姿勢等を含め、【到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 カウンセリングや心理療法に関する一般的な知識。学校現場での実践経験。
授業外学習(予習・復習)等 討議した臨床素材(発表ケース)をその後の自らの臨床に生かすよう、適宜復習する態度を身に着けること。