コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 心理臨床学コロキアムI

心理臨床学コロキアムI

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58802 SJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 河合 俊雄(こころの未来研究センター 教授)
  • 内田 由紀子(こころの未来研究センター 教授)
  • 柳澤 邦昭(こころの未来研究センター 特定講師)
  • 杉原 保史(学生総合支援センター 教授)
  • 中川 純子(学生総合支援センター 准教授)
  • 野田 実希(教育学研究科 特定助教)
  • 中山 真孝(こころの未来研究センター 特定助教)
授業の概要・目的 心理臨床における研究とはどのようなものであるか,また「臨床の知」とはなにかを探求する。各自の修士論文および博士論文へ至る研究を、相互に検討しあう。
到達目標 当該専門領域において学術論文を執筆できるような知識・スキルを身につけること。
授業計画と内容 年間の授業の詳細については、受講者と本授業担当係の院生、および教員とで決定するが、おおむね以下のようになる。
毎回の発表担当者を数名決定し、修士課程1回生は各自の卒業論文について、修士課程2回生は修士論文の計画についてプレゼンテーションをおこない、参加者も交えてディスカッションする。博士課程1回生の学生には、議論をリードし指導的な役割をとることが期待され、教えられる存在から教え導く存在への成長が期待される。
各自の研究テーマの関連性に従い、グループ分けをおこなって、テーマを共通に探究することもありうる。授業は全体で15回行う。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
発表、議論への積極的なかかわりなどを総合的に判断する。
【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 教育学研究科以外の学生は履修不可。受講は臨床心理学コースの学生に限る。
授業外学習(予習・復習)等 発表のため十分に準備をすること。また、他の受講者が発表したトピックについても、必要があれば、知見を深めること。
教科書
  • 適宜指示する。
参考書等
  • 適宜指示する。