コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 臨床心理査定演習・心理的アセスメントに関する理論と実践

臨床心理査定演習・心理的アセスメントに関する理論と実践

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58537 SJ46
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 高井 直美(非常勤講師)
  • 高橋 靖恵(教育学研究科 教授)
授業の概要・目的 子どもを対象とした発達検査および知能検査は、どのような歴史を経て、何を目的として開発されてきたかについて理解する。そして代表的な発達検査や知能検査については、それぞれの検査の特長や相違点を比較しながら理解したうえで、実施方法、結果の整理・読み取り方・所見の書き方・結果の報告のしかたなどについて学ぶ。その際、受講生同士のロールプレイも行って、実践力をつけることを目指す。特に新版K式発達検査2001については、Keyとなる項目について、乳幼児期の一般的な発達過程と照らし合わせながら項目の意味・意義を理解していきたい。最後に、複数の発達・知能検査の比較を行いながら、子どもの発達についての総合的理解に達することを目標とする。
到達目標 ・発達検査項目の意味を理解し、発達のプロセスを学ぶ。
・子どもを対象とする発達検査・知能検査の実施結果から、個々の子どもの発達の特徴を読み取る力量をつける。
・発達検査・知能検査を実施して、所見として文書にまとめ、さらに保護者にフィードバックする力を身に付ける。
授業計画と内容 1.発達検査・知能検査が開発されてきた歴史
2.発達検査・知能検査の目的、有効性と限界について
3.新班K式発達検査2001と乳児期の発達過程
4.乳幼児期の姿勢・運動発達と認知発達との関連
5.新班K式発達検査2001の実施方法
6.新班K式発達検査2001の実施(ロール・プレイを通して)
7.新班K式発達検査2001の検査結果の読み取り方・所見の書き方について
8.事例検討
9.WISC-Ⅳの特長と実施方法
10.WISC-Ⅳの実施(ロール・プレイを通して)
11.WISC-Ⅳの検査結果の読み取り方・所見の書き方
12.子どもの発達についての他の検査
13.子どもの知能に関する他の検査
14.テストバッテリーと事例検討
15.レポートのフィードバック
  授業の順番は変わることもある。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
平常点として授業への参加態度(30%)、および複数回の小レポート(70%)によって、総合的に評価する。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 教育学研究科臨床心理学コース以外の大学院生は履修不可。また、本学で行われる「臨床心理学課題演習」(中級実習)を履修済みあるいは履修中であること。
授業外学習(予習・復習)等 「学部科目の臨床心理学課題演習(心理的アセスメント)」で学んだ、子どもを対象とする発達検査・知能検査の方法について、十分復習しておくこと。
またロールプレイで検査を行う前は、検査方法を示したマニュアルを熟読しておくこと。