コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 臨床心理学講読演習I

臨床心理学講読演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58534 SJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 講読演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 名取 琢自(非常勤講師)
授業の概要・目的 臨床心理学のなかでも深層心理学を基礎とする分野の素養を身につけ、英語文献と映像資料の読解・聞き取り能力を高める目的で、ユング心理学・元型的心理学者James Hillmanのアンソロジー”A Blue Fire"を精読し、これと並行してドキュメンタリー"The Wisdom of the Dreams" (Segaller, S. 監督)を検討する。"A Blue Fire"にはHillmanの著作の重要な文章がテーマ別に採録されており、元型的心理学の視点を幅広いトピックから学ぶことができる。"The Wisdom of the Dreams"はユングの人物と思想、1980年代後半に活躍していたユング派分析家の肉声が収められた作品である。この授業ではテキストの輪読とドキュメンタリーの視聴・検討を並行して進める。出席者は英文テキストの割り当てられた担当部分について和訳・考察し、レジュメを用いて発表する。その他の出席者も英文を参照しながらディスカッションに加わることとする。映像資料は時間を区切って英語音声の聞き取りと内容理解を進める。
到達目標 Hillmanのテキストを通して、ユング心理学・元型的心理学に関する正確で幅広い知識を獲得するとともに、映像資料に取り組み、英語の聞き取り力、専門知識と心理臨床の現場の知をつなぐ技術を身につける。
授業計画と内容 第1 回 イントロダクション
テキストおよび映像資料の概要を説明する。参考図書、入門書書などを紹介し、授業の進め方と準備・発表の方法を周知する。また、出席者の担当部分を決定する。
第2 回~第14 回 "A Blue Fire"の精読と"The Wisdom of the Dreams"の視聴検討
「授業の概要と目的」で示した方式によって、"A Blue Fire"を精読し、内容について討論する。
テキストの難易度と担当者の習熟度によって進度は大きく異なるため、毎回の予定を示すことはできないが、おおむね1~2ページ程度を読み、10分程度の映像資料を検討する見込みである。
第15 回 まとめ
13 回にわたる精読・検討の成果をまとめ、成果や疑問点について全員で議論する。積み残した内容がある場合、この回を補充に充てることもある。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
平常点評価:・出席状況、発表内容、レジュメ、小レポート、授業内での発言と受講態度 等
【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 大学院レベルの英文和訳の力を養っておくことが望ましい
授業外学習(予習・復習)等 予習:担当部分の資料作成(30分~1時間程度)
復習:前回のレジュメ資料の再読と参考図書等の学習(30分~1時間程度)
教科書
  • A Blue Fire, Hillman, J., (HarperCollins), ISBN:0-06-016132 -9
参考書等
  • Sandplay in Three Voices: Images, Relationships, and Numinous, Kay Bradway, Lucia Chambers, Marie ellen Chiaia, (Routledge), ISBN: ISBN:978-0-415-76351-6