コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 臨床心理基礎実習I

臨床心理基礎実習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58525 PJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 実習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4
教員
  • 田中 康裕(教育学研究科 准教授)
  • 松下 姫歌(教育学研究科 准教授)
授業の概要・目的 心理療法をおこなっていくうえで,とりわけ初回面接,インテイク面接は重要な意味をもつ。そこでは,クライエントとの関係を築き,心理療法の構造について説明するとともに,クライエントに関する見立てを構築しなければならない。本実習では初回面接のおこない方とともに,心理療法を実践するうえでの基礎的な技術を習得し,心理療法の基本的なプロセスについて学ぶ。
到達目標 1.心理面接の基礎,特に自ら初回面接を行える知識・スキルを身につけること。
2.クライエントに関する見立てを行なえるようになること。
授業計画と内容 初回面接のロールプレイをおこなう。実習生は,セラピスト役,クライエント役を1度以上は体験する。ロールプレイには,他の実習生が陪席し観察する。ロールプレイの後,観察者も交えて,ディスカッションをおこなう。

第1回 オリエンテーション:実習の方法について,見立てについて
第2回~14回 初回面接のロールプレイとディスカッション
第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 【評価方法】
出席を前提に,実習へのコミット,および各回のレポートから総合的に判断する。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 ・教育学研究科以外の学生は履修不可,受講は臨床心理学コースの学生に限る
・日本臨床心理士資格認定協会が定める倫理綱領,日本臨床心理士会の定める倫理綱領を遵守できる者であること
授業外学習(予習・復習)等 毎授業後,実習の内容と体験をよく振り返り,レポートを作成すること。