コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 臨床心理実践学特論

臨床心理実践学特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58519 LE46
開講年度・開講期 2020・後期集中
授業形態 特論
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 集中
教員
  • Donna ORANGE(教育学研究科 客員教授)
授業の概要・目的 CONTEMPORARY AMERICAN PSYCHOANALYSIS
現代におけるアメリカの精神分析

Day 1: Freudian psychoanalysis/ego psychology.
This is the oldest version of psychoanalysis in the U.S., and began in the early 1900, given great impetus by the visit of Freud, Ferenczi, and Jung to the U.S. in 1909. Freud disliked America and Americans, and particularly opposed the restriction of psychoanalytic training to physicians. As Freud moved from his topographical theory (id psychology) to his structural theory, Americans developed this as ego psychology, emphasizing the Oedipal complex

Day 2: Relational psychoanalysis
Founded in the 1980’s by Stephen Mitchell and colleagues, relational psychoanalysis is the fastest-growing psychoanalytic group in the U.S. and also growing internationally, even in places still dominated by the IPA. Emphasis on the relational matrix and mutual recognition predominates. Recently relationalists are engaged in social justice and cultural context.

Day 3: Self psychology
Founded in the 1970’s by Heinz Kohut, self psychology is smaller but more influential than its numbers show. Developmental emphasis includes ongoing growth of a sense of self that is cohesive, solid, and positively valued. Recently it has integrated with the phenomenological contextualism of Stolorow, Atwood, Brandchaft, Orange, and brought to Japan by Professor Toshihiko Maruta.
到達目標 臨床心理学の最新の知見や論点について学び、専門的に討論するための基礎的能力を身に着ける。
研究論文を執筆するための基礎的能力を身に着ける。
英語による専門的理解と討論の能力を身に着ける。
授業計画と内容 基本的に以下の計画で講義を進める。

適宜ディスカッションや質疑応答の時間を設定しながら進めていく。


1日目(第1回~第5回):
自我心理学について。フロイトがフェレンツィ、ユングとともにアメリカを訪れたのち、アメリカではエディプスコンプレックスを中心として自我心理学が発達した。アメリカにおける最初の精神分析について考える。

2日目(第6回~第10回):
関係精神分析について。関係精神分析は1980年代にスティーブン・ミッチェルらによって提唱された。関係精神分析とは何かということに加えて、近年、関係精神分析学派が着目している社会正義と文化的背景についても考える。

3日目(第11回~第15回):
自己心理学について。自己心理学は、近年現象学的なコンテクストと統合され、丸田俊彦によって日本に導入された。それらについての理解を深める。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
平常点評価。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 教育学研究科以外の学生は履修不可。受講は臨床心理学コースの学生に限る。
授業外学習(予習・復習)等 授業内容を咀嚼できるよう、授業後に検討された文献等を参照すること。