コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】臨床心理学コース 臨床心理実践学研究

臨床心理実践学研究

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU47 58517 SJ46
開講年度・開講期 2020・通年
授業形態 研究
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 岡野 憲一郎(教育学研究科 教授)
  • 松下 姫歌(教育学研究科 准教授)
授業の概要・目的  臨床心理実践学における研究を具体的に進めるとともに、実際的な問題を個別に検討し深め合う演習である。各自の研究課題を探究していく。また,そのために必要な知識,態度等を習得する。ここで学んだ事柄は,博士学位論文執筆に結実していくことが期待される。
到達目標 修士論文、博士学位論文の主題を確立し考察を深化させる能力を高め、自主的な論文執筆の基盤を形成する。
授業計画と内容  受講者は各自で研究計画および課題設定をおこない,それを年間を通して探求していく。基本的には能動的学習法をとり,受講者が自らの力で研究に必要な情報を収集しまとめあげていく。そのために,教員が必要に応じて,必要な研究リソースを指示したり,方法論等を示したりするなど,必要な指導をおこなう。担当教員は、岡野憲一郎、松下姫歌の2名で個別指導を行なう。 授業は全体で15回×2を行い、そこにフィードバックを含む。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
年間の研究計画の実施・達成状況、および研究に対するコミットメントをもとに、総合的に評価する。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 教育学研究科以外の学生は履修不可・受講は、臨床心理学コースの学生に限る。
授業外学習(予習・復習)等 研究に関わる文献を自発的に探索・収集し精読して授業に臨むこと