コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

認知心理学特論IV

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU46 57222 LJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 特論
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 蘆田 宏(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 視覚に関する心理物理学・神経科学的研究について議論する.視覚科学の理論的基礎と方法論を習得するとともに,知見や方法をそれぞれの研究に活かせるようにすることを目的とする.
本年度は、Brian Wandell先生による名著の読解と関連事項の講義を中心に進める.公刊後20余年を経て今でも十分通用する内容であるが,近年オンラインで全文公開されたのを期に.その間の研究の進展を顧みながら読んでいきたい.
到達目標 視覚科学に関して,最新の研究について理解し,自らの研究を実践するための基礎となる高度な知識と批判的議論の能力を獲得する。
授業計画と内容 内容
第1週 Introduction to Image Encodingについての講義
第2-15週 各章を順に参加者とともに読んでいく.
Chapter 2: Image Formation
Chapter 3: The Photoreceptor Mosaic
Chapter 4: Wavelength Encoding
Chapter 5: The Retinal Representation
Chapter 6: The Cortical Representation
Chapter 7: Pattern Sensitivity
Chapter 8: Multiresolution Image Representations
Chapter 9: Color
Chapter 10: Motion and Depth
Chapter 11: Seeing

各章1-2週で読むことを考えているが,参加者の状況に合わせて進度を調整し,必ずしも最後まで到達することを目的とはしない.

フィードバックの方法については授業中に指示する.
成績評価の方法・観点 平常点評価(発表と議論への参加).
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する.
履修要件 実験心理学または周辺領域(神経科学など)の基礎知識を持つこと.
議論に参加できる日本語能力を持つこと.
授業外学習(予習・復習)等 それぞれ,担当箇所を読んで発表するための準備を行う.担当箇所以外も読んで議論のための準備を行うこと.授業後,必要な場合は次回に向けてさらに問題提起や反論を準備する.
教科書
  • Foundation of Vision, Brian Wandell, (Sinauer), ISBN:0-87893-853-2