コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

認知心理学特論II

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU46 57218 LJ46
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 特論
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 黒島 妃香(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 この講義の目的は、ヒトを含む多様な動物の認知能力関する最先端の研究を学び、比較認知科学的観点から心の進化を考察することにある。
到達目標 比較認知科学では、対象とする動物種に応じた適切な実験手続きが求められる。最先端の研究を通して、多様な実験手法について学ぶとともに、実験から得られた結果をどのように位置づけ、比較し、考察するかについて習得する。また、実証的研究を通して心の進化について考察する。 主に、意識、内省、感情に関する内容を扱う。
授業計画と内容 第1回 オリエンテーション
第2回~第14回 講師から2回ないし3回にわたり、ヒトやヒト以外の動物を対象とした認知に関連する研究を紹介し、基礎的知識を養ってもらう。続く回では、各受講者に講義で扱ったトピックに関連する最新の研究論文を紹介してもらい、受講者全員で研究法、考察に関する具体的な議論を行う。講義は基本3回ないし4回で1トピックの割合で進める。
第15回 心の進化に関する議題に対して各受講者に意見を発表してもらい、全員で議論する。
成績評価の方法・観点 【評価方法】
毎回の討論内容(30%)及び、発表担当回での発表と討論(40%)、最終回での討論(30%)により評価する。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 毎回トピックに関連した文献を調べ、議論に積極的に参加することが望まれる。
教科書
  • 必要な資料は準備する。
参考書等
  • 参考図書は随時紹介する。