コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

教育史専門演習IA

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU43 56440 SJ38
  • G-EDU43 56440 SJ47
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 田中 智子(国際高等教育院 准教授)
授業の概要・目的 テーマ:教育史研究の課題と方法(1)
 「教育史」とは、広く教育に関する諸問題を、歴史学という方法によって考察する学問である。教育史研究には、①教育学・教育史・歴史に関わる幅広い知識が必要である。また、②自らの問題関心を「他者」(先行研究執筆者、あるいは授業参加者)の力を借りて明確にすることが求められる。
 本授業は上記①②を達成する階梯となるべき場・時間である。
 具体的には、受講生の関心もふまえこちらが指定する教育史関係の論文を読み、討論する。受講生は、担当回にレジュメを用いて論文の内容を報告することが求められる。この報告に基づいて全員で議論を進めていく。また、各自の論文執筆に向けての準備報告も適宜取り入れる。
 状況に応じて史料や展示の見学会を実施することもある。
到達目標 ・歴史研究の方法、学術論文なるものの作法を習得し、卒業論文・学術論文執筆の礎とする。
・教育史に関わる基礎的知識を身につける。
・研究史をもとに発展的思考ができるようにする。
・有意義な討論ができるようにする。
授業計画と内容 第1回 ガイダンス(担当者自己紹介、授業の進め方)
第2回 授業担当者によるモデル報告
第3~14回 授業参加者による報告
第15回 まとめの考察・フィードバック
成績評価の方法・観点 レジュメおよび報告内容(35%)、授業中の討論への参加状況(30%)、学期末レポート(35%)、以上3点を総合的に評価する。
 評価方針:到達目標について、教育学部の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 歴史学という方法によって卒業論文を書くことを考えている場合、本授業を履修することが望まれる。
授業外学習(予習・復習)等 毎回扱う文献は報告者以外も熟読しておく。