コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

教育史演習IA

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU43 56429 SJ38
  • G-EDU43 56429 SJ47
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 課題演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 田中 智子(国際高等教育院 准教授)
授業の概要・目的 「吉田清成関係文書」の研究 
 「史料講読」の授業である。具体的には、明治期の官僚吉田清成(1845~1891)が遺した「吉田清成関係文書」(京都大学博物館所蔵)を用い、明治期の対外関係・国際交流などについての理解を含める。特に英文ハンドスクリプトの解読に重点を置きたい。
 受講生は、基礎的なくずし字や当該期特有の文言・言い回しに慣れることを目標に、担当史料を翻刻することが求められる。その上で、研究史をふまえて史料の意義を考察し、発展的な考察を行うことが要求される。この個人作業をもとに、全体で討論を行う。以上を通じて、一つの史料群をもとに、あたらしい研究成果を皆で生み出すことを目標とする。
到達目標 ・幕末~明治期の個人文書(英和文の書簡・書類)の読解・解釈の力を養う。
・幕末~明治期の留学・在外公館・国際交流などに関わる基礎的知識を身につける。
・史料と研究史をもとに発展的思考ができるようにする。
・「論文は足で書け」の実践訓練をする。
授業計画と内容 第1回 ガイダンス(授業のすすめ方、予備知識)
第2回 授業担当者によるモデル報告
第3~14回 授業参加者による解読・報告
第15回 まとめの考察・フィードバック
成績評価の方法・観点 解読状況・報告内容(50%)、授業中の討論への参加状況(40%)、学期末レポート(10%)、以上3点を総合的に評価する。 
 評価方針:到達目標について、教育学部の成績評価の方針に基づいて評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 参考文献を読み、史料の周辺を理解する。授業で解読した史料の読みの復習をする。
参考書等
  • 吉田清成関係文書四 書翰編4, 京都大学文学部日本史研究室編, (思文閣出版), ISBN: ISBN:978-4-7842-1428-0