コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】グローバル教育科目(ベーシック) 国際フィールドワークII(ベーシック)

国際フィールドワークII(ベーシック)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU13 56136 PB46
  • G-EDU13 56136 PB47
開講年度・開講期 2020・後期集中
授業形態 実習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 集中
教員
  • 安藤 幸(教育学研究科 講師)
授業の概要・目的 国際フィールドワークは、個々の研究テーマに関連した実地調査や資料収集を行うものである。(例:現場の声を含む一次データの収集や、博物館や図書館などにおける二次データの収集などが含まれる。)本授業は、教育学環専攻修士課程共通科目の「グローバル教育科目(ベーシック)」として導入されており、国内外の国際機関や海外の研究機関、または国際フィールドにおいて、修士論文研究に関わるフィールド調査を行うことを目的とする。
到達目標 ・フィールドワークに際し、学内外関係者と有効かつ迅速なコミュニティケーションを取り、率先してフィールドワークの調整を行うことができる
・フィールドワークの成果をまとめ、発表することができる
授業計画と内容 1. フィールド枠前学習(計4回)
第1回、第2回:個別面談
第3回、第4回:事前準備
2. フィールドワーク(8時間/日x5日x2週間=80時間、計10回分)
3. フィールドワーク後学習(計1回)
成果報告
成績評価の方法・観点 【評価方法】
フィールドワーク報告(日誌: 50%、成果報告: 50%)をもとに成績評価を行う。

【評価方針】
教育学研究科の評価方針に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 紹介された参考図書や論文、配布資料等、および自身の専門分野の文献について、予習・復習する。