コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

質的研究入門

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU50 56404 SJ47
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 課題演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 佐藤 万知(高等教育研究開発推進センター 准教授)
授業の概要・目的 本授業は、社会科学における質的な調査方法の基本的な考え方、特徴、手順について、解説することを目的とします。質的な調査法を用いた研究事例の検証や、実際に手法を用いて実践することを通じて、質的な調査方法を用いることの意義、強み、弱みについて考えていきます。
到達目標 ・質的調査法の基本的な考え方を説明できる
・質的調査法を用いた研究の基本的な進め方を習得する
・質的調査法の特徴を考察できる
授業計画と内容 第1回
 オリエンテーション
 社会科学分野における多様な調査法を概観する

第2~3回
 「問い」と手法の関係
 質的調査法における問いの特徴

第4~5回
 質的調査法の個別技法

第6~8回
 フィールドワークを実践してみよう

第9~11回
 聞き取り調査を実践してみよう

第12~13回
 質的データの分析と書き方

第14回
 学生発表

第15回
 振り返り
成績評価の方法・観点 【評価方法】
・毎回の課題 15%
・発表 10%
・最終レポート 75%

【評価方針】到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 毎回の授業で課題を提示するので、指示に従って取り組んでください。
参考書等
  • 社会調査の考え方 上, 佐藤郁哉, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:978-4-13-052026-3
  • 社会調査の考え方 下, 佐藤郁哉, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:978-4-13-052027-0