コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】高等教育学コース 高等教育専門講読演習

高等教育専門講読演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU50 56359 SJ47
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 講読演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 田口 真奈(高等教育研究開発推進センター 准教授)
授業の概要・目的 この授業は、高等教育研究に関する英語文献の講読を通じて専門分野の知識を深め、文献講読の基本的なスキルと理解力を向上させることを目的とする。具体的には受講生の研究テーマに関する文献から出発し、そこから派生する関連文献を広範な領域にわたる高等教育研究の中に位置づけながら検討する。
なお、各自が講読する文献の決定に関しては、担当教員が個別にアドバイスする予定である。
到達目標 ・高等教育研究に関する英語文献を、各自の研究に位置づけながら深く読解することができる。
・選定した文献の内容を、各自の研究に位置づけながら適確にまとめ、説明し、議論できる。
授業計画と内容 第1回:オリエンテーション
受講生の人数、レディネスやニーズを把握し、担当回数と担当回、扱う文献内容を受講生との協議の上、決定する。

第2~14回:受講生による発表・ディスカッション
分担に従って、発表・質疑を行う。必要に応じて、担当教員のレクチャーも随時含める。

第15回:フィードバック
必要に応じ、PandA等を利用してフィードバックをおこなう。
成績評価の方法・観点 【評価方法】発表、授業中のディスカッションへの参加により、担当教員の合議により評価する(発表70%、ディスカッションへの参加30%)。
【評価方針】到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 自らの研究テーマに関する英語文献を最低でも1本は読んでいること。
授業外学習(予習・復習)等 ・事前に提示された発表者のレジメを批判的に読む(PandAへの課題提出を求めることがある)
・各自の発表内容について周到な準備をおこなう