コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】高等教育学コース 高等教育開発論基礎

高等教育開発論基礎

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU50 56345 LJ47
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 特論
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 飯吉 透(高等教育研究開発推進センター 教授)
  • 松下 佳代(高等教育研究開発推進センター 教授)
  • 田口 真奈(高等教育研究開発推進センター 准教授)
  • 酒井 博之(高等教育研究開発推進センター 准教授)
  • 山田 剛史(高等教育研究開発推進センター 准教授)
  • 佐藤 万知(高等教育研究開発推進センター 准教授)
  • 岡本 雅子(高等教育研究開発推進センター 特定講師)
  • 勝間 理沙(高等教育研究開発推進センター 特定助教)
授業の概要・目的 高等教育学コースに入学する大学院生を対象に、高等教育(研究)の基礎知識(大学教育学/ FD・プレFD/大学実践研究/ 大学カリキュラムと授業/ 学習評価/ 質保証と大学評価 / IRと学習成果アセスメント/ 学生の学びと成長 / アクティブラーニング/ ICT/ MOOCとICTなど)を全教員でリレー形式で概説する。授業の最後には、コンセプトマップを用いてふり返りをおこない、レポートを書く。
到達目標 ・高等教育に関する理論や概念を理解すること。
・知識をふまえて、自身の見方や考え方をもてるようになること。
・知識をふまえて、ディスカッションや発表することができるようになること。
授業計画と内容 以下の各テーマについて、講義と質疑・議論の形式でおこなう。
第1-3週:大学教育学とは何か/FD・プレFD/大学実践研究
第4-6週:大学カリキュラムと授業/学習評価
第7-9週:質保証と大学評価/IRと学習成果アセスメント
第10-12週:大学教育とICT
第13週:学生の学びと成長
第14週:コンセプトマップ+振り返り
第15週 フィードバック
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 授業への出席・積極的な議論(60点)、学期末レポート+コンセプトマップ(40点)で評価します。
【評価方針】
 到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 高等教育学コースの大学院生の必修科目である。原則として高等教育学コースに入学する大学院生のみを対象とする。
授業外学習(予習・復習)等 ・教科書のとくに担当授業者の関連章を読んで予習しておくこと。
・教科書にないトピックに関する論文等を読んで予習しておくこと(第1週の授業で配付)。
教科書
  • 生成する大学教育学, 京都大学高等教育研究開発推進センター編(2012), (ナカニシヤ出版), ISBN:978-4779506451
参考書等
  • 関連の文献・図書は各回の授業のなかで紹介します。