コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】比較教育政策学コース 比較教育政策学研究II

比較教育政策学研究II

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU49 58214 SJ47
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 研究
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 杉本 均(教育学研究科 教授)
授業の概要・目的 比較教育学の研究動向の最前線について、最新の比較教育学のテキスト、学会紀要、博士論文などを紹介しながら、その動向と研究テーマ、方法論、新たなトピックや手法などについて検討する。
到達目標 学会紀要や著書に収録された比較教育学の論文について、どのような点が評価されたのか、また、その中でも課題や問題点はないか批判的に分析・検討する。論文のオリジナリティ、インパクト、一貫性、先行研究への配慮、研究倫理などの観点から再評価し、学生自身が論文執筆をする際の指針とする。
授業計画と内容 第1回 ガイダンス、発表分担の決定
第2回~14回 各論文の批判的検討と参加者のディスカッション
第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 【評価方法】
各回での自分の発表・分析の内容と、他者が発表する際のディスカッションへの参加などを総合的に評価する。

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 すべての回で事前に必ず対象論文を読んでおくこと。発表者は自分の発表の1週間前にレジメを作成して配布することが望ましい。
教科書
  • 比較教育学研究 最新2巻, 日本比較教育学会, (東信堂),