コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 教育学研究科 【修士】教育文化学コース 教育社会学研究IIA

教育社会学研究IIA

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-EDU48 57477 SJ45
  • G-EDU48 57477 SJ47
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 研究
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4・5
教員
  • 岩井 八郎(教育学研究科 教授)
  • 岡邊 健(教育学研究科 准教授)
授業の概要・目的 各自の研究の発展と深化を目指す。IIAでは、各自の研究テーマとの関係で、社会学、教育社会学の最近の研究動向と研究方法について、レビューを行う。国内の学会誌のみならず、海外の専門誌から研究動向をとらえる。
到達目標 各自の研究テーマを発展させること。修士課程は、修士論文の研究テーマを定めて、研究動向を把握すること。博士課程は、研究論文の作成過程を報告し、論文の完成を目指す。
授業計画と内容 第1回~第3回:各自の研究テーマとの関係で、日本の研究のレビューを行う。
第4回~第6回:Annual Review of Sociologyといったレビュー誌から自分の研究テーマに関係する論文を選択し、海外の動向について報告する。
第7回~第10回:学会発表予定者を中心に、研究報告の準備を行う。
第11回~第14回:各自の研究成果の報告を行う。
第15回:前期のまとめ
成績評価の方法・観点 【評価方法】
授業での報告(30%)+授業での議論への参加(20%)+最終レポート(50点)

【評価方針】
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業における報告のために、時間をかけて準備する