コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語及びイタリア語授業 3740001イタリア語学イタリア文学(演習)

3740001イタリア語学イタリア文学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET22 73740 SJ36
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及びイタリア語
曜時限 木1・2
教員
  • 村瀬 有司(文学研究科 准教授)
  • Marco Daniele LIMONGELLI(文学研究科 特定外国語担当准教授)
授業の概要・目的  研究論文執筆のための訓練と準備を目的とする演習です。《勉強》と《研究》の相違を明確に認識することから始めて、問題の設定と論証のプロセス、それらの表現方法、また文献目録の作り方や註や引用の仕方まで、学生の行なう実際の研究に沿って学習します。
到達目標  卒業論文提出年次に当たる場合は、これを完成させることが目標となります。そうでない場合は、発表を聞いて疑問点を見出し質問することによって発表者の研究を支援することが求められます。こうした経験を通じて自らの研究においても「何を」「どのように追求し」「どのように発表」すればよいのかを学ぶことになるはずです。
授業計画と内容  卒業論文の計画段階から、各自の研究テーマについて順次発表し、これに対して教員が具体的な指導を行ないます。他の参加者も自由に意見を述べつつ具体的な検討を加えます。多くの場合、個人作業が中心となる文学研究においては、ともすると個々の学生・研究者が孤立しがちですが、これは客観性を欠かすことのできない研究にとって決して好ましいことではありません。また、他者の研究を適切に論評することは、自分の研究能力の向上に直結します。学部学生からODまでキャリアの長短を問わず、誰もがそれぞれ得るところの多い授業となるはずです。
成績評価の方法・観点 平常点
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  発表前日までに研究室メンバー宛てに研究の要旨をメールで配布することが求められます。