コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語及び英語授業 8231003科学哲学科学史(特殊講義)

8231003科学哲学科学史(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET32 68231 LJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 金2
教員
  • 伊勢田 哲治(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 この特殊講義においては科学哲学の古典的な論文や基礎的な論文を中心とした講義を通して、科学哲学という分野に入門することをめざします。具体的には、前半ではポパー、クーン、ヘンペルら科学哲学という分野を作ってきた哲学者たちの古典的な論文を核として、その背景についてレクチャーを行います。後半では、近年注目を集める研究領域からいくつかをピックアップし、関連する基礎文献をリーディングとしつつ、背景や現在の諸問題との関わり(特に日本という文脈での含意)についてレクチャーを行います。こうした文献の読解とレクチャーを通して、科学哲学という分野の広がりを知ってもらうことがこの授業のねらいです。

The aim of this special lecture is to introduce the participants into the field of philosophy of science through lectures focusing on classic and basic papers in the field. More concretely, In the first half of the class, we read classic papers of Popper, Kuhn, Hempel and others who founded the field. Lectures on the background of the papers will be given. In the latter half of the class, we pick up several areas in philosophy of science that attract attention recently. We read related basic literature and there will be lectures on the background, relationship with contemporary issues (especially implications in Japanese context) of the readings. Through such readings and lectures, this class try to show the breadth of the field of philosophy of science.
到達目標 科学哲学という分野の成り立ちや主要な課題を説明できるようになる。科学哲学の考え方を現在のさまざまな問題と結びつけることができるようになる。
To be able to explain the historical background and basic issues of the field of philosophy of science. To be able to connect ideas in philosophy of science to various contemporary issues.
授業計画と内容 授業は日本語と英語で行われます。

第一部 科学哲学の成り立ち
1理論と証拠の関わり(3週)
2科学革命論(2週)
3デュエム=クワインテーゼ(2週)

第二部 科学哲学のさまざまな基礎的課題
4 科学的実在論の近年の展開 (2週)
5 シミュレーションの哲学(2週)
6 モード2研究の哲学(2週)
7 人工知能の科学哲学(1週)

まとめ(1週)


The lectures will be given both in Japanese and English.

Part I Historical Background of Philosophy of Science
1. Relationship between theory and evidence (3 weeks)
2. The idea of scientific revolutions (2 weeks)
3. Duhem Quine thesis (2 weeks)

Part II Various Basic Issues in Philosophy of Science
4 Recent developments in the scientific realism debate (2 weeks)
5 Philosophy of Simulation Research (2 weeks)
6 Philosophy of mode 2 research (2 weeks)
7 Artificial intelligence and philosophy of science (1 week)

Wrap up (1 week)
成績評価の方法・観点 二回のレポートで評価を行う(各50%)。評価は、授業内容を理解できていること、またその理解した内容を適切に活用して具体例が分析できていること、という視点から行う。

The evaluation will be based on two papers (50% each). The points of view of the evaluation are the understanding of the content of the class and appropriate application of the understanding to concrete cases.
履修要件 特に履修要件はもうけないが、科学哲学の基礎的事項については知っているものという前提で授業が行われる。最低限オカーシャ『科学哲学』(岩波書店)は全体を読み理解しておくことが望ましい。
No background is required, but if you are not familiar with philosophy of science ingeneral, please read some introductory book by yourself. Okasha's introductory book (Philosophy of Science: A Very Short Introduction) is recommended.
授業外学習(予習・復習)等 宿題となったリーディングは事前に読み、クラスディスカッションに参加できるようにしておくことを求めます。

Students are expected to read the assigned reading before each class to be able to take part in the class discussion.
教科書
  • 前半については以下の書籍から関連箇所を授業内で配布。後半については別途指示する Martin Curd et al. eds. (2013) Philosophy of Science: The Central Issues, Second edition. Norton. For the first half of the class, relevant parts of the following book will be distributed in the class. Readings for the latter half will be assigned in the class. Martin Curd et al. eds. (2013) Philosophy of Science: The Central Issues, Second edition. Norton.