コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M412001現代史学(演習)

M412001現代史学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET35 7M412 SJ38
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水5
教員
  • 永原 陽子(文学研究科 教授)
  • 小野沢 透(文学研究科 教授)
  • 塩出 浩之(文学研究科 准教授)
  • 喜多 千草(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 修士論文および博士論文作成に向けて、①テーマの設定、②先行研究の評価、③議論構築、④文献調査、⑤聞き取り調査などについて、受講生に個別指導すると同時に、集団ディスカッションを通じて、現代史に関わる多様な研究テーマに対する学知を深める。
到達目標 この演習に参加する大学院生は,それぞれ自分の研究テーマをもち,日々研究を続けている。その研究の成果はそれぞれの修士論文,博士論文として結実する。この演習は各自の研究成果の中間発表の場であり,自分の研究のその時点での到達点を対象化し,表出することによって,次のステップに進む関門となる大事な場である。ここを通過することで,研究は着実に前進していく。修士課程の学生にとっては,修士論文の完成が到達目標であり,博士課程の学生については博士論文につながる学術論文の作成が到達目標となる。
授業計画と内容 1回目:修士論文・博士論文の予定テーマについて、各受講生がその概略を説明する。
2回目以降:各回とも、1名(場合によっては2名)の受講生が、修士論文・博士論文の予定テーマについて、①研究の意義、②先行研究、③論旨、④文献について報告する。そのうえで全員によるディスカッションをおこない、当該報告の問題点を洗い出し、さらに研究を進める場合の課題を考える。
(全15回)
成績評価の方法・観点 平常点とレポートで総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 大学院生にとっては,毎日が研究の日々である。この演習は日々行われている研究の中間報告の場であって,この授業の予習や復習のために研究するのではない。