コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M373001地理学(演習)

M373001地理学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 7M373 SJ39
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 小島 泰雄(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的 地域は自然と人間の関係、社会的関係が織りなす場であり、それらを支える制度、文化が覆う場である。重層する地域に人びとが暮らしてきたとする生活空間論は日本地理学の一つの到達点である。さらに近年、地域は外部との多様な関係性の中で生成変容するものと考えられるようになっている。本演習は、グローバル化について広く目配りして書かれた入門書であるスティーガー『グローバリゼーション』等を参照しつつ、グローバル化における地域の諸相について議論してゆく。
到達目標 地域および生活空間論をより深く理解し、研究において使うことができるようになる。
グローバル化について理解する。
授業計画と内容 グローバル化と地域をめぐる以下の論点についてそれぞれ1~3回をあてて、討論を進める。
1.グローバル化の定義
2.歴史的展開
3.経済的関係
4.政治的連関
5.文化的影響
6.環境的危機
7.理論的背景
成績評価の方法・観点 ディスカッションへの参加度、担当回の討論記録とその報告により評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 テキストの指定された部分を読んで、演習に臨むこと。
教科書
  • 新版 グローバリゼーション, マンフレッド・B・スティーガー, (岩波書店), ISBN:978-4000269049