コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M362001社会学(演習)

M362001社会学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 7M362 SJ45
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 松田 素二(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業は、社会・文化を調査し、分析し、記述することに関わる根源的な問題について考察することを目的とする。受講生の報告と討論を中心とする形式で実施される。
到達目標 社会・文化理論をめぐる最新の知見を批判的に検討し、自身の研究に関してオリジナルで先鋭的な視座を獲得すること。
授業計画と内容 (前期)
1-15
2018-9年度に刊行されたジャーナルのなかから選択された15本の論文のなかから各自担当を選択し精読する。本年度のテーマは、「Fallacy of Multiculturalism」である。対象ジャーナルは、American Anthropologist,Current Anthropology, Ethnology, American Ethnologist, Anthropology and Human Rights, Ethnic & Racial Studies, Social Anthropology, Sexualities, Comparative Sociology などである。
また、投稿論文、修士論文、博士論文のドラフト報告とそれに関する討論を行う。

(後期)
1.イントロダクション
2. 文化理論について(1)
3. 文化理論について(2)
4. 文化理論について(3)
5. 主体とアイデンティティについて(1)
6. 主体とアイデンティティについて(2)
7. 主体とアイデンティティについて(3)
8. フィールドワークについて(1)
9. フィールドワークについて(2)
10. フィールドワークについて(3)
11. エスノグラフィについて(1)
12. エスノグラフィについて(1)
13. エスノグラフィについて(1)
14. 日常的実践の世界について(1)
15. 日常的実践の世界について(2)
成績評価の方法・観点 報告と討議への参加によって評価する
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示をする。
教科書
  • 使用テキストのコピーを配布する。 2018-9年度に刊行されたジャーナルのなかから選択された15本の論文のなかから各自担当を選択し精読する。本年度のテーマは、「Fallacy of Multiculturalism」である。対象ジャーナルは、American Anthropologist,Current Anthropology, Ethnology, American Ethnologist, Anthropology and Human Rights, Ethnic & Racial Studies, Social Anthropology, Sexualities, Comparative Sociology などである。
参考書等
  • 適宜配布します