コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M361008社会学(特殊講義)

M361008社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 6M361 LJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 速水 洋子(東南アジア地域研究研究所 教授)
授業の概要・目的 [テーマ:東南アジアにおける家族と社会]東南アジアでも少子高齢化が進行中である一方、国内外の移動はますます顕著になっている。そうした中で生活の根幹をなす家族はどのように展開しているのか。そもそも家族は社会のなかでどのように理論化され記述されてきたのか、その変化はどのようにとらえられるのか。ここでは、人類学の理論や東南アジア・東アジアを中心とするミクロな民族誌的視点と、制度やイデオロギーの過去から現在に至る展開とグローバル化というマクロな視点を研究の動向を追いながら学ぶ。また、現代的な問題として移動労働や高齢化とケアの問題などとのかかわりを検討し、家族の領域、家族と社会のかかわりが地域理解においてどのように位置づけられるのか考察する。授業は講義と受講者の発表との両方によって進められる。
[Theme:Family and Society in Southeast Asia]In a large part of Southeast Asia, aging of the population has become a recognized issue. In the meantime, there is increasing mobility both domestic and international. How are these processes affecting the realm of the family which constitute the foundation of everyday life? How has the family been described and theorized within society to begin with, and how is this evolving in the face of current changes? This class will consider both anthropological theories, micro-level ethnographic perspectives especially in Southeast and East Asia on the one hand, as well as the institutional and ideological developments on the macro level from past to present, following relevant research trends. Moreover, it will address some contemporary issues such as migrant labor, aging and care in relation to the family, and discuss how the family realm is relevant to the study of the region. There will be lectures, presentations by class participants, as well as discussion.
到達目標 1)家族と社会に関する基本的事項を理解し、比較の視点から論じる。
2)家族を論じることを通じて、東南アジア社会について理解し、受講者各自の研究・調査において家族と社会を理解する基盤とする。
1) To better understand fundamental issues related to the family and society, and be able to discuss these from a comparative perspective.
2) To increase understanding of the characteristics and current trends in Southeast Asian society in preparation for the participant's own research.
授業計画と内容 I 授業の説明と序論【1週】
II 家族をめぐる議論(人類学を中心に)【2-4週】
III ジェンダーと家族【5-6週】
IV 東南アジアの家族とつながり【7-8週】
V 民族誌で読む家族と社会【9-10週】
VI 家族の制度と国家【11-12週】
VII 各論:移動と家族・高齢化とケア・LGBTと家族【13-15週】

Ⅰ Introduction 【week 1】
Ⅱ Theoretical discussion of the family【weeks 2-4】
Ⅲ Gender and family【weeks 5-6】
Ⅳ Family and relatedness in Southeast Asia【weeks 7-8】
Ⅴ Reading ethnographies on family and society【weeks 9-10】
Ⅵ The family as institution and state 【weeks 11-12】
VII Topics: Migration and family, intercultural marriage, care, LGBT family etc.【weeks 13-15】
成績評価の方法・観点 【評価方法】
平常点(30%)、発表(30%)、期末レポート(40%)
【Method of evaluation】
Class participation(30%), class presentation(30%), final report(40%).
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 受講者は、毎回の授業のテキストをあらかじめ読んで、議論に参加することを求める。また、テキストを読んで発表し、議論を先導する役を(受講者数に応じて)分担で受け持つ。期末レポートでは、授業で扱ったテーマについて、受講者自身の研究関心との関連で論じてもらう。
Participants will be expected to be prepared to join in discussion based on the reading assignments. Depending on the class size, they will be assigned a presentation of the major points of the reading and will be expected to lead the discussion, once or twice depending on the size of the class.
The final paper will ask the participants to review the themes in relation to their own research interests.
教科書
  • 授業は、7区分するが、区分ごとにテキストを配布する。 Introduced during class. The semester will be divided in seven clusters, and texts will be distributed before each cluster.