コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M361005社会学(特殊講義)

M361005社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 6M361 LJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 秋津 元輝(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 農業・農村に関する社会学的研究あるいは思想的研究を対象にして、国内外の基本文献および最新研究を取り上げ、演習形式で授業をおこなう。
到達目標 農業・農村の社会学的・思想的研究に関する世界的視野での動向を把握するとともに、その基礎的な概念や知識を身につける。
授業計画と内容 第1から4回 欧州における農業・農村の社会学的研究の検討
 Rurality、Geographical indication、Rural development、などのキーワードを念頭におきつつ文献を選出し、講読と講義をおこなう。

第5から8回 北米における農業・農村の社会学的研究の検討
 Agricultural science and technology、Urban agriculture、Food security、などのキーワードを念頭におきつつ文献を選出し、講読と講義をおこなう。

第9から12回 日本における農業・農村の社会学的研究の検討
 アクション・リサーチやフォーカス・グループインタビュー、などの最近の調査手法に注目しながら、文献を選出し、講読と講義をおこなう。

第13から15回 総合討論および予備日
成績評価の方法・観点 報告や討論への参加などの平常点で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 毎回文献を指定するので、事前に必ず予習してくること。
参考書等
  • 授業の進行に応じて適宜指示する。