コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M361004社会学(特殊講義)

M361004社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 6M361 LJ45
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 太郎丸 博(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 社会調査の企画から報告書の作成まで、社会調査の全過程をひととおり体験的に学習する。そのような体験を通して、講義で得た知識の身体化を目指す。そのためには、授業時間外の作業が多く必要となる。また、他の受講者との相談や共同作業も多くなる。
到達目標 調査の企画、実施、データの入力、分析、報告書の作成ができるようになる。
授業計画と内容 前期
1 オリエンテーション
2 調査の企画
3 仮説構成
4 調査項目の設定
5 質問文・調査票の作成
6 プリテストと調査票の修正
7 対象者・地域の選定
8 サ ンプリング
9 調査の実施(調査票の配布・回収、面接)
10 エディティング
11 集計、分析
12 データの視覚化
13 仮説検証
14 報告書の作成
15 フィードバック

後期
1 オリエンテーション
2 データの入力・読み込み
3 単純集計表、ヒストグラムの作成
4 変数の操作の基礎
5 変数の操作の応用
6 クロス集計表、帯グラフの基礎
7 クロス集計表、帯グラフの応用
8 散布図、箱ヒゲ図の作成
9 データセットの分割・結合
10 独立性の検定
11 平均値の差の検定
12 多重クロス表分析
13 回帰分析 の基礎
14 回帰分析 の応用
15 フィードバック
成績評価の方法・観点 出席(25%)、宿題(25%)、レポート(50%)
履修要件 社会調査士科目A~Eをあわせて受講することが望ましいが、強制ではない。
授業外学習(予習・復習)等 復習重視。宿題が頻繁に出る。
参考書等
  • 入門・社会調査法―2ステップで基礎から学ぶ, 轟亮・杉野勇, (法律文化社), ISBN: ISBN:978-4589032577
  • 社会調査法入門, 盛山 和夫, (有斐閣), ISBN: ISBN:978-4641183056