コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M303003東洋史学(演習)

M303003東洋史学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 7M303 SJ38
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 中砂 明徳(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 「グローバル・ヒストリー」の必要性が呼号されるようになってかなりの時間が経ったが、看板はともかくその内実は何なのか、授業担当者自身いまだによくわかっていない。この授業では、日本人3人を含む14人の研究者の論文集 Global History and New Polycentric Approaches: Europe, Asia and the Americas in a World Network System, edited by Manuel Perez Garcia and Lucio de Sousa,2017を読んで、「グローバル・ヒストリーの現在」を確認したい。
到達目標 1、グローバル・ヒストリーを研究者がいかに理解しているのかを確かめることができる。
2、日本の学界において、グローバル・ヒストリーがどういう位置を占めているのかを自ら確認することができる。
授業計画と内容 1、趣旨説明
2~14回 1回につき論文1本を取り上げる。
 2、Global History, the Role of Scientific Discovery and the‘Needham Question’: Europe and China in the Sixteenth to Nineteenth Centuries
 3、Challenging National Narratives: On the Origins of Sweet Potato in China as Global Commodity During the Early Modern Period
 4、Economic Depression and the Silver Question in Nineteenth-Century China
 5、Kaiiki-Shi and World/Global History: A Japanese Perspective
 6、The Structure and Transformation of the Ming Tribute Trade System
 7、The Nanban and Shuinsen Trade in Sixteenth and Seventeenth-Century Japan
 8、The Jewish Presence in China and Japan in the Early Modern Period: A Social Representation
 9、Quantifying Ocean Currents as Story Models: Global Oceanic Currents and Their Introduction to Global Navigation
10、Global History and the History of Consumption:Congruence and Divergence
11、Mexican Cochineal, Local Technologies and the Rise of Global Trade from the Sixteenth to the Nineteenth Centuries
12、Social Networks and the Circulation of Technology and Knowledge in the Global Spanish Empire
13、Global Commodities in Early Modern Spain
14、Big History as a Commodity at Chinese Universities
15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 平常点で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 担当者は論文紹介のレジュメを作成すること。著者の他の仕事もリストアップしておくこと。