コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M292003日本史学(演習)

M292003日本史学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET23 7M292 SJ38
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 上島 享(文学研究科 教授)
授業の概要・目的  日本中世の寺社史料を精読し、史料読解力を習得するとともに、中世史研究の方法を学び、政治・社会経済・宗教・文化など多角的な視角から日本中世社会の特質を考える。
到達目標 ・中世史料を正確に読解する能力を習得する。
・具体的な史料から議論・論理を構築する能力を獲得する。
授業計画と内容 第1回 イントロダクション
 授業の進め方と準備・発表の方法を周知する。また、出席者の担当部分を決定する。

第2~29回 中世寺社史料の精読 
 出席者はそれぞれの担当箇所を翻刻し、内容を精査したうえで、発表し、それにもとづき全員で議論をする。

第30回 まとめ
 精読の成果をまとめ、残された課題や疑問点について全員で議論する。
成績評価の方法・観点 平常点による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 ・事前に史料を読み、自らの解釈をもって、授業に臨むこと。