コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M194001英語学英米文学(特殊講義)

M194001英語学英米文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET20 6M194 LJ36
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 1 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 家入 葉子(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 David Burnley の A Guide to Chaucer's Language を読みながら、Chaucerの英語全般について広く学びます。
到達目標 この授業ではChaucerの作品の講読には多くの時間を取ることができませんが、David Burnley の A Guide to Chaucer's Language を通じて Chaucer の英語を概観し、中英語の特徴を学びます。また中英語を研究テーマとして選んだ場合に、どのような分析方法が可能であるかを考察します。
授業計画と内容 授業計画と内容
1回目 イントロダクション
2回目~8回目  以下の作業の組み合わせによって進めていきます。
・指定した教科書の講読
・参考図書、関連する論文の講読
・テーマごとに1名以上からなるグループによるプレゼンテーション
成績評価の方法・観点 プレゼンテーションおよび授業への貢献度(70%)、簡易なレポート(30%)によって評価を行います。
履修要件 最初の授業でガイダンスを行いますので、受講者は必ず出席するようにしてください。出席できない場合は、事前に連絡を取ってください。Chaucerの英語(応用編)ですが、Chaucerの英語を読んだことがない人も受講できます。
授業外学習(予習・復習)等 プレゼンテーションは集中講義期間内に、レポートは授業終了後に提出することになります。プレゼンテーションの準備を短時間で行うことが必要になりますので、期間中はできるだけ集中して授業の準備をする時間を確保するようにしてください。
教科書
  • 教科書としては、David Burnley, A Guide to Chaucer's Languageを使用しますが、図書館のものを使用していただいてもかまいません。
参考書等
  • The Riverside Chaucer, Larry D. Benson et al., (Oxford University Press),
  • A Chaucer Glossary, Norman Davis, (Oxford University Press),
  • The History of the English Language: A Source Book, David Burnley, (Longman),
関連URL
  • http://www.iyeiri.sakura.ne.jp/