コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M193009英語学英米文学(演習)

M193009英語学英米文学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET20 7M193 SJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 森 慎一郎(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 現代アメリカ文学を代表する作家Thomas PynchonのThe Crying of Lot 49 (1965)を読む。手ごろな分量ながら高密度で難解な小説を精読することで、20世紀以降のアメリカ/文学を捉えるパースペクティヴの幅を広げつつ文学研究の地力を養う。
到達目標 文学テクスト読解の精度を高めること。細部をおろそかにせず小説を丁寧に読む姿勢を養うこと。一方で、難解な小説もある程度のスピードで読みこなす力をつけること。
授業計画と内容  授業は精読と発表形式を組み合わせて進める。初めの数回は丁寧な訳読、慣れてきたところで担当者による発表形式に切り替えて進度を上げる予定。発表当番はその回に読み進む範囲の内容や問題点等をまとめ、それをもとに参加者全員で議論することで作品理解を深める。
 授業スケジュールは以下のとおり。
第1週:イントロダクション
第2~14週:テクスト講読
第15週:まとめとフィードバック
成績評価の方法・観点 上記の到達目標の達成度に基づき、平常点(70%)と学期末の英語レポート(30%)で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 各回の授業で読み進む範囲の綿密な予習は必須。
教科書
  • The Crying of Lot 49, Thomas Pynchon, (HarperPerennial), ISBN:978-0060913076