コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 M123006中国語学中国文学(演習)

M123006中国語学中国文学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET11 7M123 SJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 緑川 英樹(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 江西詩派の主要な詩人として知られる黄庭堅(黄山谷、1045-1105)の詩を読む。精密な訳注を作成することを通して古典詩文の読解力を身につけるとともに、宋代文学に対する理解を深めることをめざす。
到達目標 中国における伝統的な古典注釈学の成果を踏まえつつ、精密かつ斬新な解釈をみずから提出する能力を養う。あわせて日本中世の抄物を参照することにより、五山漢文学に関して一定の知見を得る。
授業計画と内容 前期に引きつづき、『山谷詩集注』(内集)巻十二「次韻楊明叔四首」其三から読み進める。任淵の注や漢文抄『帳中香』などを参考にしながら、担当者に詳細な校勘記・訳注を準備してもらい、それをもとに受講者全員で討論してゆく。
第1回 イントロダクション
黄庭堅および黄庭堅集についての概説。参考文献などを紹介し、授業の進め方と準備・発表の方法を周知する。
第2回~第14回 黄庭堅詩の精読
『山谷詩集注』巻十二を毎回1首のペースで読み進め、作品の解釈・背景について討論する。
第15回 まとめ
精読の成果を踏まえ、黄庭堅研究の現状と課題についてまとめる。
成績評価の方法・観点 平常点(授業内での担当、発言)による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 発表担当者以外の受講者の方も毎回きちんと予習をしてください。最低限、当該作品の本文および任淵注は読んでおくこと。
教科書
  • 山谷詩集注, (藝文印書館),
参考書等
  • 黄庭堅年譜新編, 鄭永暁, (社会科学文献出版社), ISBN: ISBN:7-80050-920-6