コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 9822005インドネシア研修

9822005インドネシア研修

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET50 69822 LJ31
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 西島 薫(学際融合教育研究推進センター 特定助教)
授業の概要・目的 京都大学と大学間学生交流協定関係にあるインドネシア大学の協力を得て実施する。ジャカルタに2週間滞在し、インドネシア語とインドネシア文化社会の講義を受講し、実地研修に参加する。また、現地の学生の日本語教育・日本研究の支援をおこない、共同発表をおこなう。
到達目標 相手国学生に対し、日本語・日本文化について英語・日本語で紹介ができる。
日本を相対化しながら、インドネシアおよびアセアン諸国について理解を深める。
日本-インドネシアの両国関係について認識を深める。
授業計画と内容 2月中旬~3月初旬実施予定。
研修の詳細についてはKULASISで確認すること。
履修登録、単位認定は文学部でおこなわれる。
本スプリングスクールに参加するには別途申し込みをする必要があるため、申込方法などについてもKULASIS等を参照すること。

2018年度プログラム(2月17日-3月3日)
・2月4日から2月15日事前語学授業と発表準備
・2月17日から3月2日於インドネシア大学
 -(1日目)2月17日:日本発、ジャカルタ着
 -(2日目)2月18日:インドネシア語、キャンパスツアー
 -(3日目)2月19日:インドネシア語、合同発表
 -(4日目)2月20日:インドネシア語、文化体験(バティック)、発表準備
 -(5日目)2月21日:インドネシア語、文化体験(ガムラン)、発表準備
 -(6日目)2月22日:インドネシア語、発表準備
 -(7日目)2月23日:フィールドトリップ
 -(8日目)2月24日:日曜日
 -(9日目)2月25日:インドネシア語、文化体験(アルンバ)
 -(10日目)2月26日:インドネシア語、発表準備
 -(11日目)2月27日:インドネシア語、発表準備
  -(12日目)2月28日:インドネシア語、発表準備
 -(13日目)3月1日:インドネシア語、最終発表
 -(14日目)3月2日:ジャカルタ発
 -(15日目)3月3日:日本着
成績評価の方法・観点 事前学習への参加状況、現地での評価、帰国後の報告会および報告書による。
履修要件 本スプリングスクール参加にあたって、全学共通科目「日本語・日本文化実習」を受講した上での参加を推奨している。インドネシア語初学者も歓迎するが、「インドネシア語Ⅰ(初級)」等の関連科目を受講していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 インドネシアに関する文献を読むこと。
関連URL
  • http://www.kuasu.cpier.kyoto-u.ac.jp/