コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 9822001タイ研修

9822001タイ研修

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET50 69822 LJ31
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 その他
教員
  • 西島 薫(学際融合教育研究推進センター 特定助教)
授業の概要・目的 京都大学と大学間学生交流協定関係にあるチュラーロンコーン大学の協力を得て実施する。①事前講義(タイ語学習を含む)、②チュラーロンコーン大学が提供するタイ語講座の受講(オンライン)、③チュラーロンコーン大学の学生との共同プレゼンテーションによる日本語・日本文化の相互学習(オンライン)をおこなう。
到達目標 相手国学生に対し、日本語・日本文化について英語・日本語で紹介ができる。
日本を相対化しながら、タイおよびアセアン諸国について理解を深める。
日本-タイの両国関係について認識を深める。
授業計画と内容 3月上旬から下旬の間に実施予定。研修の詳細については、KULASISで確認すること。
履修登録、単位認定は文学部でおこなわれる。
本研修に参加するには別途申し込みをする必要があるため、申込方法などについてKULASIS等を参照すること。
成績評価の方法・観点 講義への参加状況、タイ語講座と共同発表での評価、研修後の報告書による。
履修要件 本スプリングスクール参加にあたって、全学共通科目「日本語・日本文化実習」を受講した上での参加を推奨している。タイ語初学者も歓迎するが、「タイ語Ⅰ(初級)」等の関連科目を受講していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 タイに関する文献を読むこと。
教科書
  • 授業中に指示する
参考書等
  • 授業中に指示する
関連URL
  • http://www.kuasu.cpier.kyoto-u.ac.jp/ (京都大学アジア研究教育ユニット(KUASU))