コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 9639001ヘブライ語(初級)(語学)

9639001ヘブライ語(初級)(語学)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET49 89639 LJ48
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 語学
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 手島 勲矢(非常勤講師)
授業の概要・目的 ヘブライ語の文字、母音記号、聖書テキストの伝統、ラビ文学を含む歴史的な言語文化の概要とともに、文法の基礎(母音記号、名詞、人称代名詞、形容詞、前置詞、語根、分詞ほか)を教える。16-17世紀の文法学者の意見も紹介しながら、品詞の区別の意義や名詞文の特徴的構造に親しみ、さらに個々の文法事項がもつ聖書解釈上の意義についても解説する。
到達目標 ヘブライ語の文字と母音記号を認識して、文章を声に出して読めること。ヘブライ語作文ができること。辞書を使えるようになること。また簡単な名詞文の和訳ができること。
授業計画と内容 1.ヘブライ語の歴史(概観)、2.文字と音、3.母音記号、4.形容詞と名詞(男性形と女性形他)、5.形容詞と名詞(単数形と複数形他)、6.人称代名詞と指示代名詞(前置詞他を含む)、7.存在詞(定冠詞ほかを含む)、8.語根とビニヤン(導入)、9.現在分詞、10.ヘブライ語辞書の使い方、11.語根とビニヤン(基本形)、12.語根とビニヤン(ラメッド=ヘイ)、13.語根とビニヤン(アイン=ヴァヴ、ユッド)、14.テキスト読解、15.小テストとテキスト読解

*1課題あたり1~2回を当てる場合もある。
**内容や順番は授業の進捗状況で多少変化することもある。
***確認クイズは2~3回、学習の区切りで行う。
成績評価の方法・観点 平常点評価・・・・宿題(30%)、クイズ(30%)、小テスト(40%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業時に指示する暗記課題や練習問題をすること。授業で配布するコピーとハンドアウトの見直しノート整理すること。