コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8944014メディア文化学(演習II)

8944014メディア文化学(演習II)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET37 78944 SJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 小野沢 透(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 現代史を考える上で,アメリカ合衆国の動向は(好悪にかかわりなく)きわめて重要である。さいわい,そのアメリカの重要な外交文書の重要なものは,刊本などの形で公刊されており,比較的容易にアクセスできる。(これは,アメリカの尊敬すべき文化のひとつでもある。)本演習では,アメリカの対外政策の形成や対外的行動の実際を,公刊されたアメリカ外交文書集に収録された一次史料を読解することを通じて分析する。

到達目標 ・アメリカ外交文書の種類や所在について基本的な知識を修得し,自らの関心に沿って文書を探索できるようになる。
・アメリカ外交文書の読み方や研究への活用の仕方を修得する。
・上記を通じて,一次史料から歴史を考察し歴史的分析を展開するための基本的な知識と技術(そして願わくはセンス)を修得する。
授業計画と内容 下記のアメリカ外交文書集の日本関係のセクションを読み進めていく。
Foreign Relations of the United States, 1952-1954, Volume 14, Part 2: China and Japan.
全15回の授業で,毎回,10ページをめどに読み進めていく。
具体的な授業の進め方や報告方法は,受講者の人数や顔ぶれを見て決定する。
成績評価の方法・観点 期末試験は行わず,平常点で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 毎回10ページ程度読み進めるので,受講者は全員当該箇所を読んでおくこと。
教科書
  • 上記のアメリカ外交文書集を各自で準備すること。 刊本は,文学部を含め,学内に複数の所蔵あり。ウィスコンシン大デジタル・アーカイヴでPDF版を,アメリカ国務省歴史課(Office of Historian, Department of State)でテキスト版を,それぞれ無料で入手可能。