コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8941001メディア文化学(演習I)

8941001メディア文化学(演習I)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET37 78941 SJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 喜多 千草(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 メディア文化研究では、資料の形態が多岐に渡る。この演習では、そうした多様な資料を扱い、論文を仕上げていくための実践的な技法を学ぶ。
 
到達目標 取り上げる資料の扱いに習熟し、各々の研究テーマに合わせて柔軟に技法を組み合わせて研究を行うことができる基礎力を養う。
授業計画と内容 第1回 オリエンテーション
第2回 インタビューの基礎(研究グレードのインタビューとは)
第3回 インタビューの方法論(文献とその内容)
第4回 インタビューの実施(インタビュー計画と準備)
第5回 インタビューの分析(コーディング、QDAソフトの使い方)
第6回 インタビューを用いた論文の書き方
第7回 映像分析の基礎(対象の見つけ方、データの取り方)
第8回 映像分析の方法論(論文とその方法の検討)
第9回 映像分析の実施(データ収集計画と準備)
第10回 映像分析(コーディング、統計、分析)
第11回 映像分析を用いた論文の書き方
第12回 テキストマイニングの基礎(データ収集方法、プログラムの利用)
第13回 テキストマイニングの実施(計画とデータ収集)①
第14回 テキストマイニングの実施(計画とデータ収集)②
第15回 テキストマイニングを用いた論文の書き方
成績評価の方法・観点  平常点(課題の提出、発表、レポート)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業で取り上げた技法を使って、実際にデータ収集、分析を行う課題を出すので、しっかり取り組むこと。
参考書等
  • なし