コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8452001現代史学(演習IIIA)

8452001現代史学(演習IIIA)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET35 78452 SJ38
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火5
教員
  • 小野沢 透(文学研究科 教授)
  • 塩出 浩之(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的  演習Ⅲは、現代史学専修に所属する学部生(3、4回生)、大学院生、教員が参加し、互いに切磋琢磨し、学知を共有することをめざすフォーラムである。
 授業は、参加者が順番に自分の行っている、あるいは行おうとする研究について報告を行い、それをもとに授業参加者が討論する形式で行う。報告者は、出席者分のレジュメを用意し、他者に自己の研究をわかりやすく提示する努力をすることで、自己の研究について理解をさらに深めるととともに、様々な角度からの意見や助言を受けることで、自分の抱える問題点について解決の糸口を見出すことができる。
 また、他者の研究報告をきくことにより、広大な領域にわたる現代史研究の広がりを実感するとともに、現代世界についての理解を深め、また現代史研究の様々な方法論を学ぶことができる。
到達目標  本演習に参加する大学院生は,よき先輩として学部学生に研究上の助言ができるように努める。そうすることで,より広い視野で研究対象を眺めることができ,自分の研究方法を点検するきっかけとなる。
授業計画と内容 セメスターの最初に,4月に大学院修士課程に入学した大学院生が自分の卒論をもとに研究発表を行い,自分の卒論作成の経験を語る。
 次に何人かの大学院生が自己の研究内容を報告し、現代史研究の実例と研究報告の方法について,参考となる手本を示す。
 その後、4回生(卒業予定者)が卒業研究の研究計画を順番に報告する。
 3回生はIIIAにおいて、授業に参加するが、報告は求められない。
成績評価の方法・観点 授業への参加態度などの平常点によって評価する。
履修要件  現代史学専修のホームルームのような位置づけの授業なので、可能な限り履修し出席すること。
授業外学習(予習・復習)等 日頃から自分の研究に真摯にとりくみ,日々勉強を続けていなければ,よき学部生の模範となることはできない。さらにくわえて,自分の研究テーマをこえて,現代史についての幅広い知識を身につけるために多様な学習が必要とされる。