コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8433011現代史学(特殊講義)

8433011現代史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET35 68433 LJ38
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 佐藤 卓己(教育学研究科 教授)
授業の概要・目的 メディア論を中心に、現代社会における情報とコミュニケーションの変容を考察する。とくに、「メディア論とはメディア史である」という立場から、歴史社会学的な視点を重視する。具体的には以下3つの「通説」あるいは「常識」の批判的検討を中心に考察し、メディア論的思考の理解を深める。
①「メディアは、人々のコミュニケーションを豊かにする。」
⇒マス・コミュニケーション研究が戦時動員体制という20世紀パラダイムにおいて構築されてきた経緯を検討する。
②「世論を重視する政治が、正しい民主主義である。」⇒大衆社会における「輿論の世論化」を検討し、「世論の輿論化」の可能性を探る。
③「日本のメディアは特殊である。」⇒現代日本のメディア環境を、世界システムの同時代性の中で比較検討し、現代社会への批判的視座の獲得を目指す。
到達目標 メディア学の基本をなす比較メディア論の立場がどのように形成されたかを理解し,その視点からメディア史を吟味し,現代社会の合意形成システムを考察することができるようになる。
授業計画と内容 第1-2回 メディア社会とは何か
第3回 メディア史としてのコミュニケーション研究
第4回 メディア都市の成立
第5章 出版資本主義と近代精神
第6回 大衆新聞の成立
第7回 視覚人間の国民化
第8回  宣伝のシステム化と動員のメディア
第9回 ラジオとファシスト的公共性
第10回 トーキー映画と総力戦体制
第11回 テレビによるシステム統合
第12回 情報化の未来史
第13回 脱・情報社会へ
第14回 総論・試験
第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 定期試験(80%)とコメントペーパーなど(20%)。定期試験の方式については、講義中に説明する。
履修要件 メディアに関心があり、情報への感度が高いこと。
授業外学習(予習・復習)等 テキスト『現代メディア史 新版』の各章、第一節、第二節を読んで授業に出席すること。
教科書
  • 現代メディア史 新版, 佐藤卓己, (岩波テキストブックス・1998), ISBN: 9784000289207
参考書等
  • ファシスト的公共性―総力戦体制のメディア学, 佐藤卓己, (岩波書店), ISBN: ISBN:9784000612609
  • ヒューマニティーズ 歴史学, 佐藤卓己, (岩波書店), ISBN: ISBN: 9784000283229
  • 流言のメディア史, 佐藤卓己 , (岩波新書), ISBN: ISBN:9784004317647
  • メディア社会, 佐藤卓己, (岩波新書), ISBN: ISBN:9784004310228
関連URL
  • http://www.educ.kyoto-u.ac.jp/satolab/
  • https://satotakumi60.wixsite.com/mysite